いろいろな方法に挑戦

簡単な方法から覚える

FXの取引をするための注文方法には、いくつか種類があります。
初めての人でもできる基本的なものを紹介しますので、覚えていきましょう。

まずは、成行注文です。
成行注文とは、商品となる為替を売買に出した時の金額で取引する方法です。
こちらから金額を指定することはなく、数量だけ決めることになります。
その時点での金額で、今すぐ売り買いできるシンプルな方法です。
しかし注文を出してすぐに金額が変動してしまう恐れもあるので、注意が必要です。

知っておくと便利な、ストップロス注文というものもあります。
もしも損失が出た場合に、即座に取引されるようになっています。
損失が大きくなる前にいち早く対応できるので、しばらく確認できないというような時に使えます。

金額を狙って上手く取引

成行注文の次に基本の取引には、指値注文と逆指値注文というものがあります。
成行注文と共に使いこなせるようになると、FXがより面白くなるでしょう。

指値注文とは、その名の通り取引する金額を自分で決める注文方法です。
安くなったら買う、高くなったら売るというように、現在の金額から狙った金額に変動があった場合に取引が成立するようになっています。
逆指値注文も、取引金額を自分で決めるという点は指値注文と同じです。 
しかし、高くなったら買う、安くなったら売るというように、一見損な売買の仕方をします。
どのような場合に使うかというと、例えば手持ちの通貨がどんどん値下がりしており、一刻も早く売りたいという時などです。
うまく取引できれば、損失を最小限にできるということです。


このコラムをシェアする